注册!

海外から思いを馳せて
168彩票大学院へ!

劉 佩(りゅう ひ)(写真左)・Alexandria Beland-Millar(アレクサンドリア・べランド=ミラー)(写真中央)・Frederick James Henderson(フレデリック・ジェイムズ・ヘンダーソン)(写真右) 大学院スポーツ科学研究科所属

168彩票大学院には、様々な研究分野の外国人学生が在籍している。2018年夏に、博士前期課程学生の劉佩氏(中国)、研究員のアレクサンドリア・べランド=ミラー氏(カナダ)、研究生のフレデリック・ジェイムズ・ヘンダーソン氏(フランス)の3名に対談形式で話を聞いた。対談は、体育学部ウエイン教授を司会に、英語と日本語で行われた。

app下载、そして168彩票大学院へ

(ベランド)私は、様々な国の中から日本に興味を引かれました。私はいくつかの武道をしますが、最近稽古に励んでいるものが日本独自のもので、研究をしながら武道にも触れられることから、日本を選びました。そして、日本学術振興会サマープログラムの外国人特別研究員募集に応募するに当たり、浜田拓教授の論文で使用されていた機材が私の使う機材と類似していたので、優れた知見、優れた設備が揃っている168彩票を選んで応募し、採用されました。

(劉)私は、子供のとき中国で故郷のサッカークラブに参加していました。そのとき、私たちのチームは来日し、日本のサッカーチームと試合をしました。試合をした日本チームの子供たちのレベルがとても高かったという印象を持っています。現在中国では、学校のサッカー教育を強化する方向にあり、日本の教育システムなどを参考にしたいと思いました。168彩票への進学については、ホームページで指導教員梅垣教授の研究論文を拝見し、興味を持ち168彩票を選びました。

(ヘンダーソン)私は、フランスでスポーツ科学の修士を取得した後、カナダとフランスでストレングス&コンディショニング等のコーチとして働いていました。日本には興味があり、行きたいと考えていました。膝前十字靭帯(ACL)損傷の研究をしたく、その分野の専門家である下河内教授に連絡を取り、下河内教授を指導教員として博士後期課程での研究に向けて日本の国費外国人留学生の奨学金に応募したところ、研究生として採用され、168彩票に来ました。

欢迎您、日常生活

(ヘンダーソン)博士後期課程に進学し、博士号を取得する計画で研究を始めました。一方で、男子ハンドボールチームのトレーニングを依頼され、ストレングス&コンディショニングのコーチをしています。選手や学生たちと話せるように、日本語を上達させる努力をしています。ここでの生活は素晴らしいです。指導教員の下河内教授は、私の研究についてとてもよく助けてくださいます。日常生活は、私は阿倍野に住んでいますが、私が日本語を話す努力をすれば、周りの人々は心を開いて受け入れてくれます。ご飯はおいしいし、人もすごくいいです。

(ベランド)とても限定的なプロジェクトのために来ているので、ここでの生活のほとんどを研究室で過ごしています。超遠心分離機を使ってプロテイン配合を測っています。武道の方は、私がやっているものは主に合気道で、合気道の中でも少し柔道もするのですが、練習をみせてもらったり、少し参加させてもらったりしています。

(劉)先行研究の分析は終わり、これから大阪の3つの中学校を調査する予定です。調査内容は、子供たちのやる気、教員の指導方法と教育システムなどです。以前通っていた東京の日本語学校に比べると、こちらでは中国人がとても少ないです。けれども、先生や友達は皆とても親切で、授業や生活で困ったときは助けてもらっています。

首页

(劉)私は、大学院(博士前期課程)を修了したら、中国において学校のサッカー指導者になりたいという希望を持っています。ただもし日本で、日本と中国の青少年たちのサッカー交流に係る就職の機会があれば、日本で就職したいと思っています。今年のサッカーワールドカップの日本代表チームは素晴らしい活躍をみせました。中国の代表チームのレベルは低いので、青少年の育成に向けて日本と中国の青少年たちの交流が必要だと思います。

(ヘンダーソン)私は、博士後期課程に進学できることになれば、ここ168彩票で下河内先生の下で研究をすすめたいです。研究職は世界中に就業機会がありますが、現時点では日本に滞在する計画で、恐らく日本人アスリートのレベルを上げるための仕事をし、研究をしながら同時にトレーニングの実践も続けたいです。168彩票はそれができるパーフェクトな場所です。

(ベランド)私は、カナダに帰って博士課程を修了します。その後仕事が見つかればよいですが、どこで何をするかは就業機会次第です。博士課程の多くの人がフルタイムの教授などの研究職を希望しますが、競争率は高いです。研究内容、研究場所(政府機関等)についてもっと柔軟になれば、就業機会は開けてきます。

PROFILE

登录 Wayne ジュリアン・ウエイン(写真左)※対談司会・通訳

体育学部 スポーツ教育学科 教授
担当授業:英語I、英語演習、文化論など。
出身国:イギリス
研究分野は日本学で、最近は、西洋文化が日本におけるスポーツにどのように影響を与えてきたかについて研究を行っている。

劉 佩 リュウ ヒ(写真左から2人目)

博士前期課程1年次生 (指導教員:梅垣明美教授)
出身国:中国
研究分野は学校体育で、研究の内容は、中学における青少年のサッカー教育の日中比較。

Alexandria Beland-Millar
アレクサンドリア・べランド=ミラー(写真右から2人目)

日本学術振興会 平成30年度JSPSサマープログラム 外国人特別研究員(指導教員:浜田拓教授)
出身国:カナダ
オタワ大学(カナダ)博士課程に在学中で研究分野は行動神経科学。

Frederick James Henderson
フレデリック・ジェイムズ・ヘンダーソン(写真右)

研究生(国費外国人留学生)(指導教員:下河内洋平教授)
出身国:フランス
膝前十字靭帯(ACL)損傷の研究、ストレングス&コンディショニングのコーチをしている。

大体大人一覧へ戻る